Won Fun

暮らしの中の小さなエールを大切に。

馬場俊英 LIVE TOUR 2017 ~ 街路樹が今日も見つめている、語られることのない季節を

馬場さんのコンサートに行って来ました。

2017年のツアーを締めくくるバンドツアーのファイナル

大阪フェスティバルホール公演でした。

f:id:wonfun:20171126195633j:image

注)といっても

↑これはコンサートの様子ではありません~

コンサート前に寄った、うめだ阪急のクリスマスイルミネーション

「光のヒンメリと北欧クリスマスマーケット2017」の様子。

フィンランドの伝統装飾ヒンメリ。

ミラーボールでアレンジした全長8mの光のヒンメリが

繰り広げる音と光のショー。

ブルー、ピンク、グリーン、パープル…

変化するカラフルな光と音が連動しクリスマス気分を盛り上げる。

私はやさしいこの色の時が好きでした。

マーケットにも北欧の素敵なものがならんでいました。

見ているだけで楽しい。

それにしても北欧のものって…お値段もステキですよね。

 

本題のコンサートのはなし。

またここに来ることが出来ました。

大阪フェルティバルホールは大好きなホールです。

f:id:wonfun:20171126151650j:image

ホール入り口のレッドカーペットがまた気分を盛り上げてくれるんだよね~

f:id:wonfun:20171126200319j:image

今日は2階席だったのだけどそれがかえって

ステージ全体の雰囲気を感じることができて

しかも今回は豪華にホーンセクションも加わっていたので

ひとつのショーを観ているような迫力がありました。

相変わらず馬場さんの言葉はやさしくて

歌いながらの身振り手振りは温かくて。

 

街路樹が今日も見つめている、語られることのない季節を

と「街路樹」という曲の歌詞に出て来るフレーズを

ツアータイトルに掲げられていますが

 

街路樹に込められた想い。

 

「ひとの歩いて行く道は、ときに孤独で、不安や心配があり

立ち止まるとこもある。

けれど、その道の両側にはたくさんの街路樹が立っています。

ある街路樹は家族、ある街路樹は友人、ある街路樹はかつての自分

そしてある街路樹は、かつて自分が別れを告げたものや、置いてきたもの。

さらに、遠くに見えるのは明日の自分。

そんなふうにこの孤独な道は、たくさんのものに支えられ

ときには厳しい視線で見つめられている。

そして何より自分が選んだ道ではないかと告げている。

だから頑張れるし、頑張らなくてはいけない。」

馬場さんらしいお話です。

 

まあね。

でもいろいろあるけど

 

365ピースのパズル

ひとつひとつバラバラだけど

あれだって これだって

やがてあるべき場所に 収まる日が来る~♪

(プロポーズをもう一度より)

 

私の好きなフレーズです。

 

心配はないよ  立ち止まるな〜

矢印になってすすめ~

(街路樹より)

 

がんばろう。

 

途中、広沢タダシくんがゲストで登場してくれたり

コンサートはおおいに盛り上がり

最後にサプライズで登場のHuman Noteとともに「最後まで」を全員で熱唱♪

そして、馬場さんの歌とギター一本で「 I HAVE A DREAM

コンサートの最後を締めくくった。

 

メリークリスマス!

よいお年を~

長生きしてくださいね~

馬場さんの声が会場に響いた。

f:id:wonfun:20171126195718j:image

会場を出ると、外は暗くなっていて

去年の2月、みんなで馬場さんの20周年をお祝いした

スペシャルな2日間のことを思い出した。

このフェスティバルホールにまた来られたことに感謝。

あと何回ここに来られるかな。